• 撮りおろし生写真
  • スペシャルグラビア
  • 体験取材
  • 3D/特集
  • 無料動画
  • イチオシ娘
  • おっぱい見せて
  • 只今現場です
  • ホットニュース

 >>  >> ラブギャラの特集コンテンツ >> まらお隊長の香港レポート


読者体験談特集 Vol.2 まらお隊長の香港レポート

■まらお隊長の香港レポート ご存知まらお隊長の香港突撃レポートです。
■LUPINⅢの実体験レポート 風俗投資額200万円超のLUPINⅢさんの体験談2本!!
■お年玉キャンペーン体験レポート お年玉キャンペーンのチケット当選者からの体験談。

1 まらお隊長の香港レポート

アジアの風俗事情というのは、なかなかわかりずらいもんです。
かくいうまらおも、新宿や池袋ほど、よくわかっておりません。(あたりまえじゃー)
韓国のキーセン、タイのゴーゴーバーなどは比較的わかりやすく、友人・知人関係でも経験者は比較的多い方だとは思うのですが、香港ってどんなでしょう?周りの人たちに聞いても、香港についての情報はほとんどなく、予備知識もないままに香港へと出撃したまらおなのでした。現地でもいろいろと聞いてみると、どうやら香港風俗は、3つぐらいのカテゴリーにわかれるようです。

その1「ちょんの間」
いわゆるストリートガール系。繁華街に多いらしいです。人種も中国人はもちろん、フィリピン人、マレー人などさまざまらしいです。システムとしては、黄金町あたりの段取りと基本的にはいっしょらしいです。まらおとしては、まだまだ生きてすけべのかぎりを尽くしたいので、今回はパスしました。

その2「クラブのお持ち帰り」
もっとも贅沢なパターン。香港には「○○夜総会」と呼ばれるナイトクラブがあります。カラオケなどを歌いながら飲むお店らしいのですが、そこで女の子をホテルにお持ち帰ることができるらしいです。まらおは是非これに突撃したかったのですが、いかんせん連れのある旅、ホテルもツインなので、お持ち帰るわけにもいかず、無念の撤退。

そこで、まらおが1人で出撃したのが、その3です。

その3「サウナ」
ようするにマッサージハウスです。噂によると、20歳前後のプリプリの女の子が、看護婦姿で全身マッサージをしてくれて、ポコチンまで気持ちよくしてくれるらしいということ。(スペシャルマッサージというらしい...)

10:30PM、連れのおじさんをホテルに置いて、隊長1人でいざ出発!
香港に詳しい人といっしょにいるわけでもなく、香港の夜すら初めてのまらお。「SAUNA」というネオンだけを頼りにふらふらとチムシャツイの街に繰り出しました。さすがの連戦練磨のまらお隊長も、1本抜くのにこれだけ緊張したことはありません。ふー。以下その顛末。

繁華街を歩くこと15分、ついに「SAUNA」のネオンを探し当てたまらお。入り口にチャイナドレスを着たきれいなおねえさんが立っています。「うん、ここなら大丈夫かな...」と何の根拠もなく、アホづらで近づいていくと、「日本人ですか?」と気軽に声をかけてきました。まずは、交渉の第1歩。「時間と価格、サービス」の確認です。いわく「800HKドルで90分間、スペシャルマッサージ込み」という話。ちなみに1HK(ホンコン)ドル=15円、つまり12,000円ですね。結構高いでしょ。でも、ここで撤退しては土産話もできないし、ま、噂で聞いた価格と同じ程度なので、思い切って突入することに決定。

階段を上がっていくと、カウンターに女性が2人、再度説明を受けて、店内へ。
店内に入ると、まずは男性のボーイがロッカーへと案内します。ここで、服を脱いでバスタオル姿になったまらお、続いてはシャワーを浴びるように言われます。(この間、日本語は一切使えず、カタコトの英語でのやりとりが続きます)自分でシャワーを浴びると今度は別のボーイが、浴衣のようなものを持って待っていて、着替えるように指示されます。はいはいと着替え終わると、ロビーに通されます。

ロビーは、東京温泉のロビーのように(知ってます?)、ソファがいくつも置いてあって、ゆったりとTVなどが見れるようになっています。そこで、飲み物を注文して、しばし待っていると、女性の店員がでてきて、薄暗い小部屋へと案内されます。(広めイメクラ程度の部屋の広さです)

さあ、いよいよ、マッサージ嬢の登場です。噂通りの看護婦姿。
ん?20歳前後?ん???????どうみても、30歳前後かなあ?んん?ま、いっか?
そんなことより、ぼったくられることだけはないように、と不安だらけのまらお。

部屋には、腰高ぐらいのマッサージ台があり、うつ伏せに寝ると顔のところに穴があいたものがあります。(部屋はかなり暗い状態になってます)そこにうつ伏せになります。さてと、マッサージ開始。浴衣の上から、肩→腰→足→頭...全身ものすごく気持ちのよいマッサージが始まりました。

「うーん、ヘンハオ、ヘンハオ!」(北京語ですんごくいいよーってな意味)。
40分近くも続いたでしょうか?「ほんとスペシャルマッサージなんてしてくれるんかいな?」と不安になり始めたまらお。「言葉も通じねーし、不安だなあ...」と思っていたら、はだかになれという指示がでます。
やはりうつ伏せのまま、ローションのようなものを背中全体に塗っています。

「ん?いよいよ、おスペだな!」と身構えました。と、ところが、彼女、またマッサージ開始!ただひたすらに、まらおの背中をもみまくります。なんだかんだで、かれこれ1時間以上もまれつづけ、まらお的にも、「ま、気持ちよかったし、これで帰ってもいいやー」なんて感じになっています。うつ伏せ状態なので、彼女のからだを触ることさえできません。

と、そんなまらおの気持ちを察してか、いきなり彼女、メモ用紙とペンを持ち出して、値段交渉を仕掛けてきました。彼女の申し出を要約するとこうです。

「このままの手コキで800HKドル、ボディマッサージで1,200HKドル、フェラチオで1,700ドル...」。
んー、フェラで2万5,500円かあ。すすきのだったら、高級ソープに行けるなあ。かといって、手コキじゃなあ...。松竹梅でいえば、竹のボディマッサージで勝負です。

ここでやっと彼女、服を脱ぎ始めました。そんでもって、腰にバスタオルを巻いて(上はおっぱいポロン状態です)、まらおを仰向けにしました。傍らに立って、まらおの右手を彼女の左乳に導きます。けっこうな巨乳で、はりもありますが、「ほら、さわんな」ってな感じ。おっぱいをもみもみしながら寝ていると、彼女のマッサージ攻撃はまらおの分身へ集中してきました。しかし...

正直、日本の風俗の方が、数倍進んでいます。あんまり気持ちよくねーーー。
時間はもう所定の90分に近づいているし、しょうがないからと、気合一発出してみたまらお。
なんだか、けっこー、むなしいもんでした。

でも、〝マッサージ〟とう観点からみれば、満足かも。
結局は、ぼったくりもされず、所定の金額をフロントで支払って開放されました。それにしても、オッパイさわっただけで、手コキの1,200HKドル(18,000円)かあ。ちょっぴり、日本が恋しくなったまらおでした。

え、面白くない?
そうだよねー、ぼくも面白くなかったんですから。

香港は、健康的な街ですよー。変なこと考えないように。買い物して、うまいもの食って帰ってきましょう。お金があったら、夜総会へ行きましょう!そのほうが楽しいと思います。
でも、結構高いものにつくみたいです。では、では。



まらお参上 風俗大馬鹿野郎まらお

相模原市在住  30歳 妻帯者
職業は平凡な会社員(本人談)
風貌はレーサーの土屋圭一似(彼もスケベそう)
編集部でもまらお氏の芸名を思案中
当面の野望 LG版8P中継(女7男1)

Copyright 風俗情報ラブギャラリー / Moving Picture All rights reserved.