• 撮りおろし生写真
  • スペシャルグラビア
  • 体験取材
  • 3D/特集
  • 無料動画
  • イチオシ娘
  • おっぱい見せて
  • 只今現場です
  • ホットニュース

 >>  >>  >>  >> 吉原ソープランド一覧

風俗店を探す ~検索結果~

吉原(東京都)ソープランド一覧 11件
トレンディ
吉原・ソープランド 携帯にURLをメールで送る

「トレンディ」

貴方の心と体 私たち優人がいやします

CLUB 夢
吉原・ソープランド 携帯にURLをメールで送る

「CLUB 夢」

圧倒的な在籍数!好みの女の子選び放題

プリマドンナ
吉原・ソープランド 携帯にURLをメールで送る

「プリマドンナ」

高級店のサービスを驚きの低料金で!!

吉原・ソープランド 携帯にURLをメールで送る

「アカデミー」

癒されコンパニオンでゆっくりと!

吉原(東京都)ひとくちメモ
吉原(東京都)は
吉原ソープランド街は、江戸時代から昭和31年売春防止法が成立するまで続いた、
吉原遊郭があった歴史のある街である。

元々吉原遊郭は、日本橋人形町にあった。
江戸時代初期に庄司甚右衛門が幕府に遊郭の設置を陳情、1617年に許可を得て始めたのが吉原の始まりである。
この地は当時、葦が生い茂った一帯だったので、「葦原(吉原)」という名前がついたとの説がある。
その後1656年に幕府より本所か浅草日本堤に移転を命じられ、
日本堤(現在の吉原ソープランド街)への移転を決めた。
翌1657年の正月に明暦の大火で吉原は全焼してしまったため、移転はスムーズに進んだという。
そして1658年に日本堤の地に新しい吉原が誕生した。移転前の人形町は元吉原、移転後を新吉原と呼ばれた。
人形町は現在ではオフィス街だが、大門通りという通りが現存するのは、当時の名残であろう。

ちなみに風俗ガイドブックの発祥は吉原である。
「吉原細見(よしわらさいけん)」というもので、遊郭内で販売されていた。
1642年に発行された「吾妻物語」が始まりらしい。
また写真指名も1903年に吉原で「写真見世」が始まったのが発祥らしい。
さすが風俗の聖地である。何事も進んでいる。
風俗・ソープランド情報としてはラブギャラリーも老舗のほうだが、遠く及ばない。

吉原ソープランド街に現存している情報喫茶も、吉原遊郭の引手茶屋が始まりらしい。
昔の吉原遊郭では引手茶屋が、客を妓楼へ案内する役目を担っていて、
遊女と遊ぶには、引手茶屋を通さないといけないシステムになっていた。
喫茶という呼び名も、茶屋から来ているのだろう。
現在では情報喫茶を通さないでも利用できるし、むしろ利用者はあまり多くないと思われる。
客がついてない女性のことを「お茶を引く」という風俗・ソープランド業界内の隠語も、
もしかしたらここから来ているのかもしれない。

明治以降吉原は徐々に縮小していく中で、明治44年に映画でも有名な吉原炎上で全焼、
大正12年関東大震災で全焼、昭和20年には東京大空襲で全焼と、ご難続きだった。

そして昭和31年売春防止法が成立。昭和32年(1957年)に法が施行され、昭和33年(1958年)吉原遊郭は消滅した。
(刑事処分については1年間の猶予期間が設けられ、昭和33年(1958年)4月1日から適用された。)
1618年に元吉原で営業を開始してから、吉原遊郭は340年の歴史に幕を閉じるのであった。

遊郭は廃止されても、トルコ風呂(ソープランド)として形を変えて、
現在でも約140件のソープランド風俗店が営業しており、吉原は日本一のソープランド風俗街として健在している。
吉原遊郭時代の名残はほとんど残っていないものの、
江戸一通り等の通りの名前、吉原大門跡、見返り柳等が当時を忍ばせる。

吉原ソープランド街(東京都)周辺のグルメは
吉原ソープランド街、吉原大門の側にある、天麩羅屋「土手の伊勢屋」と桜鍋「中江」が有名。
両店とも創業100年以上の歴史を誇り、関東大震災後に建てられた建物は登録有形文化財に指定されている。
建物だけでも一見の価値がある。
土手の伊勢屋はテレビでも紹介されたことがあるらしく、行列が出来るほどの人気だ。
味付けは江戸風の濃い目で、ボリュームもたっぷり。運が悪いと売り切れの場合もあるから、気をつけて欲しい。
一方の中江は、桜鍋・馬肉専門店。こちらも人気のお店だ。
かつて吉原遊郭周辺には、桜鍋・馬肉専門店が沢山あった。
馬肉を出すお店の別称は「蹴飛ばし屋」といって、
馬肉を食べて精をつけて、蹴飛ばされるように吉原に駆け込んでいくというのが、「蹴飛ばし屋」の由来らしい。
昔の人達や風景を想像しながら、天丼か馬肉を食べて精をつけて、吉原ソープランドに向かうのも楽しいだろう。
ソープランドや風俗に興味が無かった方も、歴史探訪として是非一度試してみて欲しい。
幕末の志士になったつもりで。

吉原ソープランド街(東京都)へ行くには
吉原ソープランド街に向かう交通アクセスは、
一番最寄の駅は都営地下鉄日比谷線「三ノ輪駅」になり、徒歩で約10分かかるので、
ほとんどの場合、周辺主要駅(上野駅・日暮里駅・鶯谷駅・入谷駅・三ノ輪駅等)から、
お店の車で送迎してもらうか、自家用車で行く形になる。
吉原ソープランド街は、コインパーキングも多いし、ソープランド店に無料駐車場がある場合も多いので、
自家用車で行くのもとても便利である。
周辺駅からタクシーに乗る手段も良い。
料金もそれほどかからないし、「よしわら」と一言告げれば、ほとんどのタクシーは分かってくれる。
またバスでも池袋駅から都営バスで吉原大門まで乗っていける。
1時間に3~4本出ているので、こちらも意外と便利だ。
吉原ソープランド街(東京)にある店は
東京の台東区、3丁目から4丁目にかけて広がるエリアが、
日本を代表する風俗街である吉原ソープランド街だ。
「雷門」と大書された提灯が下がる雷門、そこからずらーっと出店が並ぶ仲見世通りが有名な浅草寺。
その裏手に、街はある。吉原遊郭があった頃より規模は小さくなり、
ただ散歩するだけなら30分も掛からずに歩いて回れるほどだ。
けれど、しっかり楽しむために店をチェックしつつ街を回るとなると、
倍以上の時間が掛かることだろう。

何しろ、さすがソープランド街と言うだけあって、特に台東区4丁目はどの通りも、
左右に艶やかな字体で店名を記した看板を掲げる、大小さまざまなソープランドの店舗がある。
「風俗については慎重派なんだ」という男性なら、
歩を進めるたびにしばし立ち止まり、確認せずにはいられないはずだ。

最近流行りのデリバリー系の風俗とは異なり、
店舗の奥にある部屋で女性とのひと時を過ごすシステムになっているため、
ソープランドはどこも、店舗のつくりにもそれぞれのこだわりを持っている。
格安店はシンプルにまとめ、高級店はさまざまな装飾を施して堂々たる威容を見せている。

外観のこだわりはもちろん、内装にも力を注いでおり、
高級店ともなると、たとえば女性と引き合わされる前に待ち時間を過ごす待合室などは、
ちょっとしたホテルのロビーのような雰囲気だ。

吉原のソープランドは、格安店も高級店も、店ごとに独自のコンセプトを掲げている。
店にいる女性の顔ぶれを見てみても、そのことは分かるだろう。
「素人女性」をコンセプトとしている店があるかと思えば、
「癒し系」の女性を集めたという店もある。
老いも若きも、すべての男性が興奮すること間違いなしの
「AV嬢」をコンセプトに、女性を集めている店もある。
要するに、吉原のソープランド街では、月並みな言い方だけれど、
どのような店でも選び放題なのである。疲れを癒してもらいたいとき、
庶民派の女性と気楽に楽しみたいとき、思いきって勝負してみたいとき、
それぞれに適した店が選べる。その日の気分に合わせて、好みに合わせて、
財布の中身と相談しながら、店が並ぶ通りを歩いていこう。

もちろん、当サイト、ラブギャラリーを利用すれば、
ソープランド街に行く前に家で店をチェックすることができる。
店の情報をケータイにメールで送る機能もある。
店の情報を入れたケータイを片手に吉原へ行けば、
多くの時間を費やさずに気に入った店に入ることができるだろう。


Copyright 風俗情報ラブギャラリー / Moving Picture All rights reserved.